エントリーシートの書き方 研究課題・自己PR・長所短所・資格特技・志望動機


最近、気になったニュースは何ですか

のっけから脱線するが、就職ガイダンスなどで日経新聞を読みなさいと指導される。失礼な話だが、普段一般紙でさえ斜め読みの学生が、日経など読んでポイントを押さえられるわけがない。

朝日、読売、毎日といった一般紙で十分である。スポーツ面や社会面だけでなく、1面から見出しを追っかけて欲しい。気になる見出しには本文まで目を通す。毎日目を通す習慣を身につけておけば、表題の設問などは十分クリアできるし、本番に入り面接に臨んでもしっかり対応できる。

脱線はこのくらいにして、本論に戻そう。
こんな記事を取り上げたら誤解されそうだとか、知性を疑われそうだなどと、あれこれ余計なことを考えて、結局はテレビの報道番組などで取り上げられているトピックスを選んでしまう傾向にある。

時事問題がまずいというわけではないが、ニュースの解説に影響されて自分の意見が出せないで評論になってしまう嫌いがある。

人事担当者は、なぜその問題に興味をもったのか、何を感じたのかなどニュースの選び方で学生の感性なり物事の捉え方を見ているのである。どのような学生かなと読み始めてみると、自分の意見と勘違いしてニュース解説になっていたのでは、面食らい、だまされた気分に陥ってしまうものだ。どのような小さなニュースであってもかまわない。その記事がなぜ目に留まったのか、何を感じたのか記事の内容説明ではなく、自分の心の動きをしっかりアピールすることが最大のポイントである。


HOME⇒ エントリーシートの書き方
前ページ⇒ 10年後のキャリアプラン

就職情報誌元編集長。「人事担当者の心に届く自己表現」とは何かを指導。就職実践塾天ぷらの会を主宰。

黒住皓彦の著書
就職活動応援本【就活は自分を売り込む商談だ】
ダイヤモンド社
大学生協・書店にてご注文ください。
または大学図書館・市町村の図書館等でお借りください。