エントリーシートの書き方 研究課題・自己PR・長所短所・資格特技・志望動機


学生時代に力を入れたこと

「どういう学生生活を過ごしましたか」と聞かれていると理解していい。「ゼミでこんなことに取り組んでいる私」「サークルでこういう活躍をしている私」など自分の素顔というか自分軸を読み手である人事担当者にぶつけることである。記述内容からその学生が自社にとってふさわしい人材であるかどうかを判断する。学生は判断材料を提示すればいいのだ。余計な脚色や立派な体験など求められていない。

グループワークであれば、仲間とどのように関わってきたのか、心の動きをアピールすることだ。テーマが大きければと大きいほど順調にことは運ばない。プロセスにおいて失敗、失望、苛立ち、挫折など心の葛藤が必ずある。それを乗り越えて目標達成に向けて仲間と一丸となって打ち込んだ様子(連係プレイ、役割分担)を浮き彫りにすることである。

ゼミ・サークル以外に、ボランティア活動などもあろう。こういった活動になぜ興味をもったか、その動機を語ることで学生の本質が見えてくるものである。実際の活動の中で戸惑い苦労したことがあればそれとどう向き合ったのか気持ちを吐露すれば、学生の素顔が浮き彫りになり、人事担当者はブレのない判断ができる。

「アルバイト体験の話は使わない方がいい」などとまことしやかに噂が流れている。例えば、「コミュニケーション能力を養った」と言われてもどうコミュニケーションを養ったのか、そのために何を仕掛けたのか説明されなければ、その学生のパーソナリティをイメージできない。大半が行動記録の羅列で、人事担当者はうんざりしている。「アルバイト体験」と聞いただけで嫌悪感を抱く担当者は少なくない。相手の立場を考えると容易に理解できるはずである。しっかり自分を前面に押し出しアルバイトとどう向き合ったのか記述されれば、まったく問題ないことだ。


次ページ⇒ 自己PRについて
前ページ⇒ 研究課題(卒論のテーマなど)

就職情報誌元編集長。「人事担当者の心に届く自己表現」とは何かを指導。就職実践塾天ぷらの会を主宰。

黒住皓彦の著書
就職活動応援本【就活は自分を売り込む商談だ】
ダイヤモンド社
大学生協・書店にてご注文ください。
または大学図書館・市町村の図書館等でお借りください。