エントリーシートの書き方 研究課題・自己PR・長所短所・資格特技・志望動機


エントリーシートは学生の本質をチェックしている。シートの作成に当たって、上手い文章やかっこいい文章に気をとらわれないことだ。自分の気持ちを素直に吐露することが最高の攻略法である。
余計なお世話だが、「キヤノン」⇒「キャノン」など代表例であるが、うっかり記述ミスを犯す社名がある。また、「適性テスト」とは正しくかけても、「自分の適性は……」と書こうとして「適正」と誤記しても気づかない学生が多い。細かいようだが誤記などに十分注意を払いたい。

エントリーシートを求める背景を知る

就職協定廃止後、インターネットの普及で企業へのエントリーがオープンになった。想像を絶する応募者数に企業は悲鳴を上げ、書類選考を兼ねたエントリーシートの提出を求めるようになった。もともと、短期決戦の一括採用において、面接で有能な資質を見落とさないように補完する目的で提出を求めたものであった。面接の補完ツールが、いまでは採用選考の中心的ハードルとしてクローズアップしてきた。

人事担当者はシートの記述の中から、学生の人間性なり思考回路を感じ取って採否を判断する。単なる行動記録の記述では人事担当者は当惑してしまうだけだ。ドロドロした人間臭さまで盛り込むとひと味違ったシートが完成する。

エントリーシートは就活生の商品カタログ

就職活動は企業と学生の商談である。商談にはカタログがつきもの。就職活動のカタログがエントリーシートだ。仮に、車のカタログを手にしたとしよう。排気量・馬力・トルクなどデータだけ羅列したもので購入意欲がわいてくるものだろうか? スタイリング・居住性といった付加価値を写真やコピーで説明されて初めて、興味がわき、試乗して見ようかなと心が動くはずである。無機質な行動記録の羅列だけでは企業は飛びつかない。バックグラウンドを補足することが付加価値につながってくる。

「人間性」「思考回路」をいかに伝えるかがポイント

先にも述べたように、採用選考において最終的に採否を判断するポイントは学生の「人間性」と「思考回路」である。「人間性」とは人柄なり感性だ。それらが自社の組織風土に合うかどうかを判断している。また「思考回路」で学生の物事に対する取組み方・解決方法から業務適性をみている。エントリーシートとて同じだ。質問項目に答える際、できる限り身近なエピソードを盛り込んで説明することだ。エピソードを紹介するのではなく、その背景にある心の動き(動機なり結果に至るプロセス)まで盛り込むことを忘れてはならない。そうすれば、相手は行間を汲み取り、ホットな学生の人間像を脳裏に描くことができ、安心して正しい判断を下せるというものだ。


次ページ⇒ 研究課題(卒論のテーマなど)

就職情報誌元編集長。「人事担当者の心に届く自己表現」とは何かを指導。就職実践塾天ぷらの会を主宰。

黒住皓彦の著書
就職活動応援本【就活は自分を売り込む商談だ】
ダイヤモンド社
大学生協・書店にてご注文ください。
または大学図書館・市町村の図書館等でお借りください。